7.3 依田さんへ


7.3依田さんのコラムに寄せて。

 

「ショーダンサーとして活躍しながら、
行政書士をされいている
ニューハーフの方がいます。
コラムの執筆をお願いしてみようと
思うのですが…」

と、東京でclueのブログを
支えてくれているタカハさんから連絡が。

 

正直に言いますと、
clueの中心は学習塾。

「この話題はタブーなのでは…」

と一瞬思いました。
が、子供たちに隠し事することなく
世の中のことを伝えていくのが
clueのスタンス。
即、お願いすることに決定。

 

「さまざまな価値観があり、
個性が求められるこんな時代だからこそ、
依田さんに書いてもらう
意義があるのでは…」

というタカハさんの声も
背中を押してくれました。

 

そもそも、私自身、

「生き方は人それぞれ。
なんだっていいじゃん」

と思っている人間。

 

昔、ニューハーフバーで
DJをやったこともありまして。
(これは楽しかった)
壁をつくる必要をまったく感じません。

 

法的にはLGBT(性的マイノリティ)に
関する動きが出ていますが、
一方で同調圧力が
強まってる世の中だったり。

 

行政書士とショーダンサー。
不思議な二足のわらじを履く依田さんは
どういう世界を見ているのか。

 

子どもたちにも伝えたい、
“普通じゃない生き方”。

 

今後どんな話を聞かせてくれるのか
楽しみでなりません。

 

 

気になる花蓮さんのコラムの続きは、
noteマガジン(税込500円)で
ご購読いただけますので
どうぞよろしくお願いいたします!

note.mu
行政書士&エンターテイナー 依田花蓮|clue sendai |note
『2足のわらじーズ』は1足にとどまらず「2足のわらじ」を履く人々によるコラム。トランスジェンダー行政書士の依田花蓮さんは、新宿にて「行政書士よだかれん事務所」を営む。2017年末まで、夜は六本木にてショーレストラン香和(かぐわ)に出演。行政書士として...

2017年07月06日 | Posted in 余談Lab, 2足のわらじーズ, clue代表 永井雄太郎 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA